ホーム福島の温泉白河の温泉

奥甲子温泉 旅館大黒屋

日光国立公園白河温泉郷 日 本 秘 湯 を 守 る 宿

  

甲子温泉「大黒屋」は至徳年間(1384年)州安和尚によって発見された古い温泉です。甲子(きのえね)の年であったために,甲子(カシ)温泉と名付けられたと伝えられています。
 今回は、一番の老舗の大黒屋さんを訪問してみました。
(2000年5月  2007年7月17日再訪)



国道289号線・甲子トンネルおよび、白河〜会津下郷町は開通しました
(お宿の現状)

2008年9月21日に、国道289号線開通により半年営業(冬期休業)から通年営業へと変わることから、冬の寒い季節にも、温かく快適に過ごしていただきたいと、その想いから建て替えを決断したようです。
2009年6月再オープンの予定です。
長いお休みになりますので、訪問する方はご注意くださいませ

より大きな地図で バカボンパパの日帰り温泉マップ を表示  


【2009年6月5日(工事の状況が気になって湯巡りの途中回ってみてきました。】

 

白河市と下郷町を結ぶ国道289号線

・甲子トンネル快適ですね、時間短縮できますので南会津方面へは白河市経由が多くなるでしょうね。

 

工事現場に完成の看板がでていましたので紹介しますね

建物は出来上ってました良い感じの旅館さんになってますね。オープンが楽しみです。

6月29日オープンです。

 











タ 
・住所    

 〒961-8071 福島県西白河郡西郷村大字真船字寺平1
  電話0248-36-2301 FAX0248-36-2304

・入浴時間  10:00〜15:00 
・料金  630円 
・源泉名  元湯甲子温泉2号源泉
・泉質  カルシウム 無臭無色 石膏泉
 源泉温度 45.1℃   PH  7.5
 260ℓ/min(掘削自噴)
 大岩風呂(混浴)、婦人風呂、温水プール(夏場)
・効能  神経痛・胃腸病・頭痛・皮膚病
・備品   シャンプー・ボディーソープ
・その他   白河インターチェンジより車で40分 
 
 
感想 昔ながらの秘湯イメージの温泉で紅葉時期は素晴らしいところと感じましたので再度訪問したいと思います。今回は自遊人の無料パスポートがあったので再訪してみました。フロントの対応も大変よく気持ちよく入浴させていただきました。次は宿泊してゆっくり温泉を楽しみたいと思わせる素晴らしい温泉でした。混浴となってますが別に婦人風呂や内風呂もあることからそんなに入ってこないと思ってましたがここまで来たのだからなんてのりで入ってきましたね。逆に女性に覗かれる事も多いかな。(^^;;  
 大岩風呂(混浴)は風呂と脱衣所がつい立が1枚しかないので女性にはちょっときついかも  でもストレス発散にはおすすめですね。
シャワーとシャンプーは内風呂にあります。★★★★★
 

工事前の旧建物での画像です。(浴槽は変わんないと思いますが・・・・ 変わらないでほしいな〜。


大黒屋は奥甲子に位置する一軒宿で、この付近では一番の歴史を誇る老舗宿。


階段を下って風呂小屋へ

旅館の正面(秘湯の会の提灯がお出迎え)

旅館から見た湯小屋

湯小屋の風景

大岩風呂(混浴) 「子宝の湯」とも呼ばれている。

入り口から見たところ

風呂と脱衣所がつい立が1枚しかない

綺麗な内風呂と露天風呂(恵比寿の湯 )

旅館のすぐ脇には見事な滝が雨が降った後でしたので水量が多かったですね。

 

温泉に滝に自然を楽しめる

阿武隈の仙境渓谷の大岩風呂に太古の昔をしのぶ山のいで湯なんて感じですね

 

 ちょっと面白いこと。】

甲子峠の登山道に、R289の国道標識がありました。車とかバイクも走ることができないでしょうね登山道ですから。この山道も国道かい?

新甲子温泉観光情報等については右記のホームページが便利です。交通・アクセス・周辺観光・etc 新甲子温泉全旅館

ホーム福島の温泉 > 甲子温泉