トップ 宮城県の温泉 > 青根温泉

  青根温泉

宮城県柴田郡川崎町

   
青根という名前は山中のアオヌキという木の根元から、温泉が湧き出していたのを発見したことから名前がついたと言われているそうです。
青根の湯は頭に効くとか? 
今更手遅れかもしれない・・・なんて噂の温泉を訪問してみました。
ここは450年の歴史があり伊達家の御殿湯として栄えた温泉でした。(再訪日 2009年11月16日)

青根温泉のシンボルともなる共同湯の大湯が廃止となり、平成18年4月にあらたに建てられた共同浴場が「じゃっぽの湯」。木材は川崎町産の無垢材だけを使用して建てられています。


より大きな地図で バカボンパパの日帰り温泉マップ を表示

足湯 停車場の湯

じゃっぽの湯の向かいにある青根洋館(古賀政男記念館)無料
じゃっぽの湯(公衆浴場)
 
じゃっぽの湯 駐車場も広く入りやすいです。 フロントの風景
宮城県柴田郡川崎町青根温泉10-1    0224-87-2112
大湯・新湯・蔵王の湯・不忘の湯・山の湯・花房の湯・新名号の湯 混合泉
泉温 49.8℃  単純温泉 低張性弱アルカリ性高温泉
     PH 7.5
効能 神経痛、腰痛、眼病
入浴料金 町内外を問わず 300円時間
時間  6:30〜21:30

新しい木造浴舎が気持ち良く、駐車場も広くドライブの途中に回るにはお勧めです。浴室は男女別に内湯だけで残念ながら露天風呂はありませんでした。ここまで立派なものを造るのであれば露天風呂もほしかったですね。L字型御影石造りの浴槽で15人ほどが入れる大きさでガラス張りで天井も高く気持ちの良いものです。


浴室は人が多かったので撮影はしませんでした。

床暖房つきの脱衣所  
   

【バカボンパパの雑感】
 青根温泉良い温泉なんだけど、魅力がなくなってきている感じがしました。とても歴史のある共同湯「大湯」親しまれた「名号湯」を廃止して新たに「じゃっぽの湯」を造ったのですがなんとなく青根温泉の良い所が失われてしまった様ななんか寂しい感じを受けました。
 ここ数年、青根温泉では青嶺閣とエコーホテルが相次いで閉館しました。「鄙びた温泉街」そして大湯の魅力をなんとかうまく温泉ファンにアピールできなかったものでしょうか。
 「じゃっぽの湯」も良いのだけれど普通の日帰り温泉になってしまったかな。伊達藩ご用達の良い温泉をなんとか盛り返してほしいものです。
 鄙びた温泉が大好きな人も多いと思うのですが・・・・・

以前訪問した時は、エコーホテルと大湯のレポ−トを書きましたがエコーホテルは閉鎖され 大湯は湯元不忘閣の内湯と変ってしまいましたが、「大湯」のレポートは記録として残しておきます。

与謝野晶子が大湯を詠んだ歌

「青根なる大湯の中に我が倚るは昔伊達衆の倚りし石段」

 


2009年11月16日撮影 元大湯(現在は湯元不忘閣の内湯)
以前の出入口が壁面になってました。

公衆浴場 大湯  (2006年3月で閉鎖)
 (訪問2005年9月7日再訪時のレポート)

青根温泉(公衆浴場 大湯)    
場所 〒989-0908 宮城県柴田郡川崎町青根温泉1−1
  日本秘湯の会のお宿(不忘閣)の隣にある外湯大湯、入浴券は近くの店で購入し、入口にある箱にいれるシステム
泉質 / 弱アルカリ性単純泉
        源泉温度 52.6 PH7.5
効能 / 神経痛・リューマチ・疲労回復
利用料金/150  8:00〜20:30 
 無人管理のようなので券を購入しないで入る不届き者がいるようなのか無断で入浴したものは1000円などど入口に書いてありました。車を道路に止めて利用している方も多いようですが、少し先には公共駐車場があります。 
■感想
 浴室に入ると、男女の区切りに石塀があるのですがちょっと低いのね。 洗い場に立っているとなんとなく女性風呂が見えます。湯船に入っているときは全然見えませんが洗い場の時には背中が見えるかな〜なんて感じです。浴室の出入りの時ぐらいかな

 一度に30人は入れそうな大きな浴槽で、蔵王山中から切り出した石で組まれたものだそうです。
 400年以上前に2年の歳月を費やし造られた風情のある共同湯でした。

ここの大湯は今年で無くなってしまうと地元の方からお聞きしました。良い共同浴場だけに残念ですね。

訪問するなら2005年中ですよ。!!

★★★★

 

大湯は青根温泉のシンボルともなる共同湯

400年の歴史を刻む石の浴槽

 

 

湯口から源泉がドバドバ

   
   

ピッツァ石釜屋

グルメ情報
「石釜屋」
 電話0224-84-4083
 宮城県川崎町前川字松葉森山1-197
 時間:11時から16時”頃”
 定休日:毎週火曜日、第二・第四月曜日(祝日は営業)

大湯からインター方面に行く途中にある廃校を利用したピッツァ屋さん、本格的なピッツァが食べられますよ。場所

廃校になった分校を利用している

 
   

川音亭(お蕎麦)

グルメ情報
・柴田郡川崎町大字前川字六方山29-1
・п@0224-87-2903
・11:00〜16:00(蕎麦がなくなりしだい終了)
一番粉をメインにして打つ十割そばは、しゃきっとした食感で喉ごしもなかなかです。
川音亭の入り口 天ざる蕎麦(1,200円)
ラーメン&ゲソ天う等も人気があるようです。

 

【温泉の施設】 ご利用する時には情報が変わっている場合もありますのでご各旅館さんにお問い合わせください。(違ったらごめんネ
施 設 名  住 所  入浴時間

料金

電話番号
【青根温泉】        
名号館 川崎町青根温泉4-4

10:00〜15:00

400円

0224-87-2204
じゃっぽの湯(公衆浴場) 川崎町青根温泉9-1

6:30〜21:30

300円

0224-87-2112
不忘館 岡崎旅館 川崎町青根温泉8-5

10:00〜18:30

500円

0224-87-2016
とだ家 川崎町青根温泉7-5

10:00〜18:30

500円 0224-87-2226
坊源 川崎町青根温泉8-10

11:00〜15:00

525円 0224-87-2035
流辿 川崎町青根温泉17-2

11:00〜15:00

630円

0224-87-2411

【峩々温泉        
峩々温泉 川崎町大字前川字峩々1

10:00〜14:00

1000円

0224-87-2021

【釜房湖畔エリア】        
金山温泉 支倉旅館 川崎町小野字金山3

9:30〜20:00

600円

0224-84-2509

【笹谷エリア】        
笹谷温泉 一乃湯 川崎町大字今宿字スド15-3

9:00〜20:00

1000円

0224-84-5626

         

交流促進センター るぽぽかわさき

(※ヘルストン天然温泉ではない)

川崎町大字今宿字小屋沢山39

10:30〜22:00

500円

0224-84-6611

■問い合わせは施設さんへ  青根・峩々温泉観光協会 0224-87-2204

宮城県の温泉へ戻る