ホーム 宮城県の温泉 > 鳴子温泉(初音旅館)

初音旅館

 宮城県玉造郡鳴子町 東鳴子温泉

 

 温泉友達のHPを見て思わず訪問した東鳴子温泉の黒湯の初音旅館。
 ここの黒湯は肌に優しい温泉でした。女将さんにはお風呂まで案内していただき温泉についてお話をさせていただきました。優しい女将さんにお世話になりありがとうございました。

(訪問日2006年5月30日)

住 所 宮城県大崎市鳴子温泉字鷲ノ巣90
TEL 0229-83-
2166   
アクセス 東北自動車道古川IC〜(国道47号線・約40分)
入浴料金  300円
入浴時間  10:00〜15:00  (宿泊客優先なので、混雑時は不可の場合があるので確認を)
(旅館情報) お宿のHP     東鳴子温泉のHP(参考になりますよ)
@重曹・硫化水素泉
A純重曹泉
B含食塩-重曹泉

旅館入り口

第三浴場 大浴場 内風呂ですが景色が見えますので開放感がある黒いお湯

入口と脱衣所は別々ですが浴室は一つだから混浴ですね。

源泉 : 鷲の湯、元湯 混合
泉質 : ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性中性高温泉)
泉温 : 48℃  PH 6.9
性状 : 淡黄色・殆ど無味て゜微かに硫化水素臭を放つ
臭   : 油臭 黒く見えるやや熱めの湯
肌の優しいと言うかさっぱり感のある湯
油臭の好きな人(アブラーと呼んでいる)には、堪らない黒湯ですよ

第一浴場 岩風呂(宿泊者専用)


ひょうたん型の湯船(源泉は別なところから引いているらしい)
一般的な泉質のようです。

【感想】
 女将さんにお風呂まで案内していただき説明をしていただきました。入浴料金は後からでいいですよと気さくな女将さんです。マッタリ入浴後に帳場に行き又女将さんと温泉についてお話させていただきました。季節的には春の桜の季節が良いとの事、女将さんに写真をお願いしましたが本日は着物を着ていたないのでこのままでは駄目ですと言われてしまいました。さすがプロですね、素朴で鄙び温泉また再訪をしてみたいお宿でした。
 温泉は源泉かけ流し、源泉そのままでとっても濃い素敵な温泉でした。若干油臭も感じリハビリなどにも良いようでのんびり湯治をするにはおすすめですね。★★★★

  

ホーム 宮城県の温泉    高友温泉レポ