ホーム 宮城県の温泉 > 鳴子温泉(高友旅館)

黒湯の高友旅館

 宮城県玉造郡鳴子町 東鳴子温泉

 

 温泉友達が絶賛している鳴子温泉、その中でも特に泉質の違う四種類の源泉がある東鳴子温泉の『黒湯の高友旅館』を訪問してみました。
 いずれも
濃厚なお湯で湯上り後も温熱感が残ってました。これは絶賛するのがわかりますね、再訪したくなるそんな素敵な温泉でした。
(訪問日2006年5月30日)

住 所  宮城県玉造郡鳴子町大口字鷲ノ巣18   TEL 0229-83-3170   
入浴料金  500円入浴
入浴時間  11:00〜16:00  
(旅館情報)  HP

旅館入り口(立て札と提灯が気になったのでアップにしてみました)

泉質が4つ

秘湯の会の提灯かと思ったが黒湯の提灯でした

「黒湯」は暗緑に濁った鳴子温泉郷唯一の鉄天然ラジウム泉

源泉名 幸の湯
泉 質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素泉 硫化水素型 低張性高温泉
旧 名 含重曹硫化水素泉
泉 温 59.2度
pH値 7.1
効能 慢性婦人病・きりきず・慢性皮膚病・糖尿病・やけど
暗緑色かな (黒ずんだ緑)
微油味、微苦味
微油臭、微硫化水素臭
 先客の方2名が入浴していました。お話を聞くとリハビリ目的で一週間湯治をしているとのこと効能があるようです。浴槽には源泉が2本別々に中でブレンドされています。
 湯口付近は、熱いですが反対側はちょうど良い湯加減で場所によって違うので適温なところに入ればいいかも。 油臭が微かにしますマニアにはたまりませんね。
 湯船は暗い緑色と言うか黒ずんだ緑で湯舟の底は見えなかったです。

湯口に注がれている源泉

白い湯花が付いている源泉

模様になっている湯花の堆積

鍾乳洞のような湯花の堆積

女性用の黒湯(混浴と同じ源泉)

4〜5人程度が入れる小さな浴槽ですね、できれば混浴の方の大きい浴槽の方が絶対に良いと思いますよ。

 

ひょうたん風呂(男性用)

ラムネ風呂(女性用)

   
源泉名 玉の湯
泉 質 含硫黄-ナトリウム-炭酸水素泉 硫化水素型 低張性高温泉
旧 名 重曹硫化水素泉
泉 温 51.0度
pH値 6.5
効能 きりきず・やけど・慢性皮膚病・慢性婦人病・糖尿病・高血圧症・動脈硬化症
微黄色透明
微油味、微苦味
微油臭、微硫化水素臭
 源泉は同じなのですが、泡の量が違います。ひょうたん風呂に入りましたが黒湯と比べると薄めに感じました。女性用のラムネ風呂に誰もいなかったので覗いて見ましたら、な〜んと湯船に泡が・・・・驚きの泡です。女性用なので腕だけ入浴でガマンしましたが・・・・・一度入ってみて〜〜(心の叫び ガハハ)
【感想】
 源泉かけ流し、源泉そのままの温泉は、とっても濃い素敵な温泉でした。若干油臭も感じリハビリなどにも良いようでのんびり湯治をするにはおすすめですね。★★★★

ホーム 宮城県の温泉 > 鳴子温泉(高友旅館)   東鳴子(初音旅館)レポ