トップ 宮城県の温泉 > 白石湯沢温泉

白石湯沢温泉  旅館 やくせん

宮城県白石市

 

 宮城県と福島県の県境に位置する白石湯沢温泉は石膏芒硝泉と珍しい温泉です。体に効能があると言う旅館やくせんさんを訪問しました。

      2004/9/2訪問

HP
場所 白石市小原字下戸沢湯沢山13
       0224-29-2620

泉質 ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
     低張性弱アルカリ性低温泉(含む石膏芒硝泉)
     PH 7.8 源泉温度33.5℃
効能 動脈硬化症・きりきず・やけど・慢性皮膚病
風呂 大浴場(男女各1)
料金 500円 10:00〜20:00 広間利用 1050円
アクセス 白石I.Cより約30分 国見I.C約15分
感想
 ここは福島からも比較的近くで国見ICから満蔵稲荷方面に行くと早いです。温泉は無色透明で味、臭気ともほとんど感じないが効能はあるようです。
 飲用にも適しているようで飲用所が別になってました。風呂には人はあまりいなかったのですが広間には人が沢山いて一日ここで楽しんでいるようです。
 温泉自体はあまり特徴を感じなかった。★★★

 

玄関

内風呂

湯口

カラン(シャンプー・石鹸)

飲用所