2005年11月6日、38歳で急性骨髄性白血病のため亡くなった本田美奈子

p38-g-hug.gif (2523 バイト) ミスターK−1こと、アンディ・フグさん(35)が急性前骨髄球性白血病のため急死しました。
アンディ・フグさんのご冥福をお祈りいたします。
もう、あの『かかとおとし』を見ることは出来ない・・・。
(白血病は)今まででの最強の敵ですが必ず勝ちます」がファンへの最後のメッセージになってしまいました。
「記者会見に出たい。僕の病気を公表して、同じ病気で苦しむ人と一緒に戦いたい。」と訴えていたそうです。

● 骨髄バンクってご存知ですか。


多分皆さんテレビのCM等で見ていらっしゃると思います。

知ってはいるけど自分とは無関係な事だと思っている方がほとんどだと思います。(自分もそうでした。)

   知り合いの人が突然発病し、骨髄移植を希望しています。血液型には関係なく、白血球の型(HLA)が合えば移植可能です。でもその人には身内の中からも、現在骨髄バンクに登録されている約127,000人の中からも同一型の人を見つけることはできませんでした。

   今後登録して下さる方に生きる望みをかけています。
かけがえのない生命を救えるチャンスだと思って頂ければ大変うれしく思います。

命を救えるのは
あなたかもしれません

 

 ではどうすればいいの  bank-02.gif (2314 バイト)

 もよりの血液センターまたは受け付けいる保健所へ電話で予約しておでかけ願います。

 15分間ビデオを見てその上で納得いただければその場で登録できます。
型を調べるため、10CC程度採血するようになります。
ドナー登録後は、もしかしたら自分の骨髄液で助かる命があると思うと、自分の命も大切に思えると思います。
骨髄バンクについてご一緒に考えませんか。

皆様のご理解とご協力をお願いします。

 このホームページをきっかけに皆様に骨髄バンクについて考えていただけたら幸いです。

詳しくは骨髄バンクホームページをご覧下さい。  日本骨髄バンク

 

 全国日帰り温泉クラブへ戻る ・ 全国ガーデニング倶楽部へ戻る


関心のある方は続いてご覧下さい。

【 ドナー登録ついて 】

  • ドナー登録するためには、まず、はがきか電話又は電子メールで東京都新宿区の骨髄移植推進財団に登録ハガキ付き資料『チャンス』を請求して下さい。

 《骨髄移植推進財団の連絡先》

 所 在 地:東京都新宿区新宿2丁目13−12
              新宿ISビル 8階

(ご質問・お問い合わせはフリーダイアル)
   電   話:0120−445−445
   電子メール  : 
webmaster@jmdp.or.jp
   ホームページ: http://www.jmdp.or.jp

 

『チャンス』を十分よくお読みになり、ドナー登録を希望される方は資料巻末に添付されている【登録ハガキ】にご記入になりそのままポストに投函して下さい。申し込みを行うと、あなたのお住まいか、勤務先に近い骨髄センター(日赤の血液センターか一部の保健所)の紹介封筒が、郵送されてきますので、都合の良い場所と日時のセンターに予約し検査を受けて下さい。登録にあたっては、説明ビデオを見た後、腕から静脈から10〜30tの採血し「A座」「B座」「DR座」を検査します。登録に要する時間は約1時間です。
  後日、ドナー登録確認書をお送りします。(HLA型はお知らせしません)
日本では毎年新たに約6000人もの重い血液難病の患者さんが発病しておりそのうち、約2000人が骨髄移植による治療を望んでいるます。
日本では、提供希望者の登録が30万人になれば、待っている患者さんの90%が骨髄移植をうけることができます。

ドナー(骨髄提供希望者)登録できる方
■年齢が20歳から50歳までの健康な方
■骨髄提供の内容を十分理解している方
■骨髄提供について家族の同意を得ている方

 

ドナー不適格条件
次の方は、ドナーになれませんので登録はご遠慮下さい。
■病気治療中または服薬中の方(特に気管支ぜんそくなど、慢性疾患の方)
■悪性腫瘍(ガン)、膠原病(慢性関節リウマチなど)、心筋梗塞、狭心症、脳卒中、悪性高熱症などの既往歴がある方
■血圧の上が151以上、89以下の方
■輸血を受けたことがある方、ウィルス肝炎・梅毒など人に移る恐れがある感染症の方、貧血の方、血液の病気の方
■体重が男性45Kg・女性40Kg未満の方、過度の肥満(標準体重(身長−100)×90%より40%以上超過)の方

 


【 骨髄移植とは 】
  • 骨髄移植は慢性骨髄性白血病・急性白血病・再生不良性白血病・免疫不全症一部の先天性代謝異常症などの病気におかされた骨髄細胞を健康なものに置き換える治療法です。多くの白血病や再生不良性貧血が化学療法や、免疫抑制剤などの治療可能となりましたが、骨髄移植でしか治癒が望めない患者さんが大勢います。
  • 健康な骨髄を提供してくれる人が骨髄ドナーです。骨髄移植は皮膚から専用の針を刺して、注射器で骨髄から吸い取った骨髄液を患者さんの静脈へ点滴で注入するものです。骨を切り取って移植するのではありません。
  • 移植が行われても、拒絶反応や、移植されたリンパ球が患者さんの身体を攻撃するGVH病(移植片対宿主病)や、重症感染症などにより早期に死亡することがありますし、骨髄が生着して回復した後も白血病が再発する可能性があります。骨髄移植ですべての患者さんが治るわけではありません。

 

【 骨髄とは 】

  • 骨髄とは、骨の中心部にある海綿状の造血組織で、白血球・赤血球・血小板が、ここで休むことなく造られています。骨髄には、これらま血球のもとになる骨髄幹細胞(造血幹細胞)が含まれています。骨髄は脊髄(神経系)とは関係ありません。
  • 赤血球は酸素を運搬し、白血球は外部から侵入する細菌などとたたかいます。血小板は出血を止める働きをします。これらの血液細胞は、骨髄の中で造られて血液中に送り出されてきます。
  • 白血病・再生不良性貧血・免疫不全症などの病気では、骨髄細胞に病気があり、正常な血球を造り出せないために貧血や免疫不全などがおこります。
  • HLAの型は、対になっており、両親から片方ずつ受け継ぐため、兄弟姉妹間は最大4種類に分かれ、4人の同胞の内1人の確率で一致します。日本では、血縁者の中にHLAの一致する人を見つけられる確率は30%くらいです。

お読みいただきありがとうございました。
(骨髄バンク関連のホームページを参考に作成しており、一部コピーして引用しております。)

全国日帰り温泉クラブ   ●全国ガーデニング倶楽部は骨髄バンクを応援します