白布大滝(シラブオオタキ) 

山形県 米沢市(白布温泉) 2004年7月3日訪問

 

 白布温泉すぐわきを流れる大樽川上流には、大小7つの滝があり、観光客に親しまれているのが「白布大滝」です。この大滝は落差が30m幅約5mで比較的小規模ですが豪快な眺めが楽しめます。

 初夏になると西吾妻山の雪解けで水量が多くなり、見ごろです。でも、やっぱり秋の紅葉のころが一番かな

滝入り口は西吾妻スカイバレーから温泉街に入る手前、左手の沢を下りたところで滝入り口から徒歩7 分程度

滝入り口付近には駐車場はありませんので西屋から少し下ったところにある電話ボックスの前ぐらいの空き地か、ロープウェイ方面にちょっと上っていくと空き地があります。

☆☆   

展望台から落差約30mの豪快な滝を眺められ

 

上段は人工壁

広い滝壷

まるで一枚の白い布のように見えるといわれたことが「白布」の名前の由来だそう。 
   

滝入り口付近 車では見過ごしてしまいそうです。

滝への小道は急で滑りやすいので、歩きやすい運動靴で行くことをおすすめします。 足元に注意してくださいませ。
   

大樽川上流の滝(新高湯温泉脇)

 
白布大滝にほど近い白布温泉は、奥州三高名湯のひとつに数えられる名湯。
標高850メートルの山間の湯で、開湯は約700年前と歴史もあります。
バカボンパパおすすめ

滝見の後は、白布温泉でお休みくださいませ。

一番好きなのが湯滝かな

西屋さんの湯滝

東屋さんにもあります。

 

滝の散歩道に戻る   白布温泉に戻る