ホーム福島の温泉 > 三島町 宮下温泉

 

 奥会津 三島町 宮下温泉 
 桐の里倶楽部(桐の湯)(きりのさとくらぶ)

 

 桐の町として有名な奥会津の三島町には宮下温泉があります。只見川を見ながらお風呂に入れる宮下温泉「桐の里倶楽部(桐の湯)」を訪問してみました。いつも国道252号を通っていますが町内を通らないので宮下温泉については最近まで知らなかったのね。蕎麦と源泉かけ流しの温泉を楽しめました。          (訪問日 2008/4/21)
       

大きな地図で見る
住 所     福島県大沼郡三島町名入字上赤谷2402−1   HP
       п@0241−52−2828
源泉名     赤谷温泉
泉  質      ナトリウム-塩化物・硫酸塩・炭酸水素塩泉 (塩化物泉)  PH 6.9 薄茶色
泉  温      源泉 55℃   湧出量 74ℓ/min  源泉かけ流し 若干ツル感あり
       飲んでも癖が無い
入浴料金  420円(日帰り休憩 840円)    
入浴時間  10時〜21時  (定休日 水曜日)
効  能  神経痛・筋肉痛・関節痛 
アメニティ 石鹸

感想    建物の外見からお蕎麦屋さんかと思ったら源泉かけ流しの看板が、入口部分が2階で受付とレストランがあり、螺旋状の階段を下りて1階の温泉に行きます。独特なのが男性用脱衣所と女性用脱衣所の間に男女共用の休憩室があり脱衣所と休憩室がドア一つで繋がっており休憩室は脱衣所からしか入れないのです。うっかりすると脱衣所から裸で行きそうで「男女共同なので裸で入らないでください」となってましたが、私も裸で行ってから分かりました。・・・アハハ
温泉は飲めるようでコップと枡があり飲んでみましたがあまり癖がなく飲めましが決してうまいものではありません。源泉かけ流しで、さっぱりした気持のよい温泉でした。眺望バツグンの温泉とレストランもあるのでドライブの途中に回るにはお勧めですね。
★★★
大きめな内湯(薄茶色) 窓の外には桜と只見川が見えます。
レストランからJRの鉄橋が見えます。
湯口 源泉かけ流し コンコンと湯が溢れています。 食堂の窓から鉄橋が見えます(イベントでSLが走ります)
 桐の倶楽部 レストラン  お蕎麦 大盛り蕎麦天ぷら付き
食堂の内部  窓際は眺望バツグンです。 蕎麦大盛り天ぷら付(800円)
   

 

 

 

【温泉の施設】 ご利用する時には情報が変わっている場合もありますのでご各旅館さんにお問い合わせください。(違ったらごめんネ
施 設 名  住 所  入浴時間

料金

電話番号
福島県大沼郡三島町 宮下温泉      
桐の里倶楽部(桐の湯) 三島町名入字上赤谷2402−1    10:00〜21:00  420円 0241-52-2828
ふるさと荘 三島町名入字上赤谷2437  10:00〜21:00  420円 0241-52-2049
保養センターひだまり 三島町大字宮下字下乙田889 定休 火曜日 
夏時間 
9:00〜19:00 
冬時間 
9:00〜18:00
 420円 0241-52-2913
         
         
         
■問い合わせ    三島町役場

 

 

「桐の里倶楽部(桐の湯)」の近くにある宿泊もできる「ふるさと荘

・三島町名入字上赤谷2437
・0241-52-2049
・日帰り入浴料金 420円
・時間 10時〜21時
・温度  源泉  55℃
      湯ぶね 42〜44℃
・泉質  塩化物泉
・効能  神経痛、関節痛、冷え性、  慢性皮膚炎など
栄光館  (2008年5月24日訪問)

・大沼郡三島町大字宮下字塩水4113
 0241-52-2636


・500円   8:00〜20:00
 炭酸水素塩泉 (塩化物泉)
・源泉名 宮下温泉 第2源泉    65℃  PH 6.7
 湧出地 三島町大字宮下字中乙田990
・効能  神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 慢性消化器病など

【感想】
只見線のSL撮影で一日SLを追いかけて最後に入った宮下温泉栄光館 緑色の素敵な温泉で疲れがとれました。受付の対応も良く気軽に回れるので穴場ですね。ツル感が若干あり、源泉掛け流しの湯で満足でした。また近くに行ったら再訪したくなる静かな一軒宿でした★★★
道路からちょっと下がった所に旅館入口 緑色の内風呂
源泉かけ流し 温泉の成分が鍾乳石のように堆積 お風呂からは只見川も見える。
SLの撮影画像はこちら  

 

福島の温泉に戻る