ホーム福島の温泉 > 昭和村の温泉

昭和村の温泉
昭和温泉しらかば荘

 

 黒鉱探査ボーリングの際、偶然発見され、1972年に開業

昭和村の温泉をご紹介しますね。 

 (訪問日 2008年6月18日水曜日) 

 

慢性の皮膚病・消火器病などに良く効く弱食塩泉。温度が高く、湯量も豊富。宿泊の他大小宴会利用可。村民の憩いの湯。旅人のやすらぎの宿。


大きな地図で見る 
しらかば荘









 
住所    大沼郡昭和村野尻新町1266
        TEL 0241−57-2585
・入浴時間 8:00〜20:00
・料金    5
00円  
・源泉名  

泉質    ナトリウム−塩化物温泉  61.5℃
        湧出量 80ℓ/分    PH  7.7
        無色澄明、塩味を有し、無臭

・効能    神経痛・筋肉痛・関節痛・五十肩・運動麻痺・慢性皮膚病など 
・備品    ボディーソープ
・設備    
・アクセス  会津川口駅よりバス昭和村大芦行き30分昭和温泉下車徒歩2分
        磐越自動車道会津坂下ICから60分
 
 
【感想】
 ★★★
しらかば荘 しらかば荘のフロント 
温泉への入口  入口のマークはトイレではありませんよ 脱衣所
男性用内風呂 源泉がかけ流しの湯口
いつものバカボンパパのトド足 お風呂の窓からの景色

    
村民いこいの湯 (村民専用協同湯)









 
住所  地元住民専用なので非表示
     
・入浴時間 6:30 〜 20:00

        日曜・祝日 定休

・料金    

泉質   ナトリウム−塩化物温泉  61.5℃
        湧出量 80ℓ/分    PH  7.7
        無色澄明、塩味を有し、無臭

・効能 神経痛 筋肉痛 関節痛 五十肩 運動麻痺 冷え性 慢性消化器病など 

野尻川沿いの高台にある「しらかば荘」が一般的には昭和温泉である。この共同浴場は、しらかば荘下の道路際にある。ただし、「外来者はしらかば荘をご利用ください」との看板がでている。地元住民の専用となっており、一般の外来者は利用する事ができない。「しらかば荘」は村営であり、保養施設の趣があり、日帰り入浴者も多い。会食などの食事もできるため、法事など催し物の集まりにも利用されている。
 
 【感想】この施設は村内の方が利用できる浴場です。村外の方はしらかば荘をご利用ください。昭和村
地元住民専用の共同浴場
準備中の看板が・・・・残念 表からの画像のみ 入口に貼ってあった案内

 


【温泉の施設】 ご利用する時には情報が変わっている場合もありますのでご各旅館さんにお問い合わせください。(違ったらごめんネ
施 設 名  住 所  入浴時間

料金

電話番号
南会津郡桧枝岐村        
只見温泉保養センター 南会津郡只見町只見新屋敷下2508−8 11:00〜20:00  250円 0241-82-2393
湯ら里(公共の湯) 南会津郡只見町長浜字上平50 10:00〜20:00  700円 0241-84-2888
深沢温泉 むら湯 南会津郡只見町長浜字上平   9:00〜21:00  600円 0241-84-7707
         
■問い合わせは施設さんへ  

 

福島の温泉に戻る