ホーム 福島の温泉   

 安達屋旅館

福島県福島市 高湯温泉

 

 高湯温泉は今から約400年前に開湯され、豊臣秀吉の太閤検地による湯銭という税金を納めた文献が残っているそうです。その後、湯銭をまけてくれた代官を敬った碑が薬師堂敷地内に建てられ、温泉営業の歴史がうかがわれる温泉旅館です。
 乳白色の源泉100%の天然温泉、「源泉かけ流し」がたのしめます。
 高湯温泉の硫黄臭はしばらく体から取れないかもしれません。硫黄臭を二度楽しめるなんて感じかな。
      

より大きな地図で バカボンパパの日帰り温泉マップ を表示
  

 温

 泉

 デ

 |

 タ 
・住所     福島県福島市町庭坂字高湯21
TEL  024-591-1155
・入浴時間 10:00〜15:00
・料金 700円 
・源泉名  高湯3番・  5番・ 6番(湧出地 福島市町庭坂字湯花沢3番地 5番地 6番地)
・泉質 酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(硫化水素型)
(掲示用泉質名)硫黄泉    源泉温度 42.9℃  PH 2.8
・効能 高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病
・備品  シャンプー・ボディーソープ・シャワー・ドライヤー
・その他   露天風呂/男女別露天風呂  女湯・男湯・家族風呂
 
 
【感想】  大きな露天風呂もあり内湯と露天で湯めぐりが楽しめます。浅めの大きな混浴露天風呂ですがなかなか風情があり良いでね、でも女性はちょっと入りにくいかと思いますのでタオル巻きでもいいのかな。女性タイムもありますのでゆっくり泊まった方が良いかもしれません。従来からの露天風呂の方が人がいなくてのんびりでき.かも、お湯もこちらの方がが熱めでした。

ドライブの途中に気軽に立寄れる温泉です。 ★★★★
安達屋旅館 湯口の上にはビーナスが
不動の湯(内風呂) 内風呂のカラン (シャワー・シャンプー・ボディソープ)
 
    大気の湯(人気の大露天風呂)

何となく気になって撮ってしまいました(^^;;

混浴の露天風呂・打湯・洞窟湯・寝湯

上の画像の反対側からの撮影
露天風呂 薬師の湯

露天風呂でのトド足

従来からの露天風呂(こっちの方が熱めです)
周辺散策案内
磐梯吾妻スカイラインの紅葉が特にお勧めです。
 
【高湯温泉日帰り温泉情報】 ご利用する時には情報が変わっている場合もありますのでご各旅館さんにお問い合わせください。(違ったらごめんね。自己責任で確認してくださいませ)
施 設 名 (お宿のHP) 入浴料金 利用時間 電話番号 パガンパパの
入浴レポート
安達屋  700円 10:00〜15:00  024-591-1155  
玉子湯  700円 10:30〜14:00 024-591-1171 レポ 
花月ハイランドホテル  600円 10:30〜20:00
土日は14:00で終わる場合があります。
024-591-1115 レポ 
高原荘  300円 10:00〜15:00 024-591-1215  
静心山荘  400円 10:00〜20:00 024-591-1129  
高湯温泉のんびり館   700円 10:00〜16:00  024-592-1126 レポ 
あったか湯(公衆浴場)  250円 :9:00〜21:00 024-591-1125  
(高湯の麓)        
信夫温泉旅館       500円 10:00〜21:00 024-591-1212  レポ
■問い合わせは施設さんへ 
高湯温泉観光協会
 

福島の温泉に戻る