ホーム 福島の温泉   

 玉 子 湯

福島県福島市 高湯温泉

 

 蔵王や白布とともに奥州三高湯と呼ばれている高湯温泉で、歴史がある玉子湯温泉のにおいがゆで玉子に似ていることから「玉子湯」と名付けられたそうです。
 庭園内にある萱ぶきの湯小屋は創業から百四十年余、昔からの原形の湯小屋そのものです。
 乳白色の源泉100%の天然温泉、「源泉かけ流し」がたのしめます。
 高湯の硫黄泉に入ってお肌が温泉玉子肌のようにプルプルになるかどうかはわかりませんが入っていて効能があるようには感じます。

(再訪日 2011年1月2日 撮影 バカボンパパ)

     


より大きな地図で バカボンパパの日帰り温泉マップ を表示
 

 温

 泉

 デ

 |

 タ 
・住所     福島県福島市町庭坂字高湯7
TEL  024(591)1171
・入浴時間 10:30〜14:00 
・料金 700円 
・源泉名  高湯26番 滝の湯      (湧出地 福島市町庭坂字湯花沢26番地)
・泉質 酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム・ナトリウム-硫酸塩温泉(硫化水素型)
(掲示用泉質名)硫黄泉    源泉温度 51.0度  PH 2.8
・効能 高血圧症、動脈硬化症、慢性皮膚病、慢性婦人病、きりきず、糖尿病
・備品  シャンプー・ボディーソープ・シャワー・ドライヤー
・その他   大浴場・露天風呂・湯小屋・足湯
 
 
【感想】  湯小屋、岩風呂など多くの種類の湯舟が楽しめます。特に湯小屋の入浴は、なんとなく心落ち着きますね。乳白色の硫黄泉・源泉かけ流しは本当に温泉を楽しめます。高湯温泉で人気のある旅館ですのでいつ行っても人が多いのが難点かな。★★★★

 

 
旅館のロビー4階からみた湯小屋 玉子湯の脇にある源泉(ブクブク源泉が湧いています)
玉子湯の顔とも言うべき温泉小屋 温泉小屋の湯
 

YouTube にアップしましたのでご覧くださいませ

    

 
道路側から見た玉子湯旅館 内風呂 滝の湯の湯口
露天風呂に雪だるまを 人気の露天風呂
周辺散策案内
磐梯吾妻スカイラインの紅葉が特にお勧めです。
 
【高湯温泉日帰り温泉情報】 ご利用する時には情報が変わっている場合もありますのでご各旅館さんにお問い合わせください。(違ったらごめんね。自己責任で確認してくださいませ)
施 設 名 (お宿のHP) 入浴料金 利用時間 電話番号 パガンパパの
入浴レポート
安達屋  700円 10:00〜15:00  024-591-1155 レポ 
玉子湯  700円 10:30〜14:00 024-591-1171  
花月ハイランドホテル  600円 10:30〜20:00
土日は14:00で終わる場合があります。
024-591-1115 レポ 
高原荘  300円 10:00〜15:00 024-591-1215  
静心山荘  400円 10:00〜20:00 024-591-1129  
高湯温泉のんびり館   700円 10:00〜16:00  024-592-1126 レポ 
あったか湯(公衆浴場)  250円 :9:00〜21:00 024-591-1125  
(高湯の麓)        
信夫温泉旅館       500円 10:00〜21:00 024-591-1212  レポ
■問い合わせは施設さんへ 
高湯温泉観光協会
 

福島の温泉に戻る