銚子ヶ滝

福島県郡山市  訪問日  2004年7月4日訪問

 

銚子ヶ滝 (ちょうしがたき )
(福島県郡山市熱海町石筵)

高さ約48m・幅約27mで安達太良山麓屈指の大瀑布

 銚子ヶ滝の名称の由来は、形が酒を入れる銚子に似ていることから名づけられました。
安達太良連峰から流れる清流は、福島の名水30選にも選ばれています。
銚子ヶ滝及びその周辺は、豊かな自然に恵まれており、四季を通じて多くの市民や観光客が訪れ、憩いの場として親しまれていると聞いたので訪問してみました。

グリーンラインの銚子ヶ滝入り口駐車上から歩いて40分
2.4km(登山道です)

行く方法は2コースあります
@母成グリーンライン(これは有料道路)磐梯熱海方面から入って2kmぐらいのところに駐車場がありその向かいから入り口となります。 
 ※中ノ沢方面から行ったのですが案内板が見えず料金ゲートまで行ってしまいました。係りの方に聞いてみると中ノ沢方面からだと案内板は見えないとのこと。オイオイ金とっているんだから整備をしてくださいませ。まったくのお役所仕事にあきれてしまいました。

A入り口は、母成グリーンラインに入る手前に『郡山石筵ふれあい牧場』から行きます。 その牧場の道なりに進む。 銚子ヶ滝入り口が見えてきますので、ここからの方が歩く距離も少なくて良いようです。

いずれにしても最後の300メートルは階段になってはいますが急斜面です。神秘の滝を見てマイナスイオンに触れると疲れも取れそうですが。

神秘的な銚子ヶ滝 (ちょうしがたき )

滝の上部

滝の中段

滝壷を見下ろす

ほとんどがなだらかな山道

滝の手前の急な道

グリーンラインの駐車場の案内版

お帰りには、中ノ沢温泉または磐梯熱海温泉で一汗流してからお帰りくださいませ。

紅葉時期に再訪してみたい滝でした。

☆☆☆

 

滝の散歩道に戻る